上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たそがれてジュヴナイル
夕方校庭の片隅に集まる5人。ぎゅぅぎゅぅ。
クルクルみんなに顔を動かすと目が回る。
左奥からやっち、ルイ先生。右奥アロマ、取手…のつもり。
あっ、ぬり忘れが…。


夕方皆守といっしょに寮へ帰ろうとすると
黒い砂やめろおォォォォォッ!!ハァハァみたいなこと叫びながら
取手が駆けてくるではありませんか。
一体どうしたのか聞いても
「何がだい?」とか、「誰もいないよ」とか
そ、そんなだってアナタ今!!?
うすうす思ってたけど、もしやちょっとヤヴァイ人…?

3人の間にびみょーな空気が漂ったところで
部活(テニス部)上がりのやっちとルイ先生も加わって
やっちあらためて胸デカイよー!
いいよーテニスウェアがな!(何)
そじゃなくて。

あたし墓地探索行くの超楽しみ~ウフフ♪って
校則違反になってること先生の前で堂々と言っていいのかやっち?
ていうかなぜ取手くんが墓地の中を知ってそうに止めるのでしょうか。
そして頭が痛いらしく
「君たちでは僕を救えない」と言い残して去っていってしまった…。
うおおぉい!!? 救えないって何!
ただ激しい虚弱体質でちょっと最近頭痛で気絶しちゃうのよねー
じゃなさそう…。(アホ)

カウンセラーのルイ先生から彼の心の中を聞いて一同しんみり。
つらい記憶をなくして改ざんしても取手の心は救われない。
それはなぜか? 鍵は墓地にあるらしい。
どうせそこに潜るし、いっしょに探してみよっか?
よし【燃】!! みんながんばろーオー!
で終わるのかと思ったら皆守が

「どんな過去があろうと所詮他人には関係ない。
 心の傷なんてのは誰にでもあるし
 それは誰の力も借りず自分の力で乗り越えることだろ?」
とか

「お前はこの先いちいち助けていくのか?
 できないだろう? なら余計なクビは突っ込むな」
とか…!

待て待てびっくり。どうしたの皆守さん。
アナタそれ、けっこう自分のこと言ってません…?
ゥヴォレ…ヴォレ…そっそんなこと言われたら…
どうしていいかわかんないじゃんかああぁぁぁ(´;ω;`)
(泣くなよ)
混乱してどういうことなのか考えてるうちにそのまま物別れに。
あーあ、皆守来ないのかな…。

しょんぼりして寮に帰ったら皆守から謝りメールが。
思い直していっしょに墓地に行ってくれるらしい。
気まずい感じになっちゃったら、ちょっとやだなぁ…。
スポンサーサイト

Comment


>リンク
ありがとうございます。
もかマタリがピカピカ「UP」に
なってて感激です(^^)

最近はゲームの話についていけてませんが、遊びにきてますからね~☆




モカさんへ

予定調和的にがっつりリンクさせてもらいました!(*´∀`*)テヘッ
これからもヨロシコ!!

ご、ごめんよ!
ゲーム知らない人にも知ってる人にも中途半端な書き方なんだコレがまた…orz
九龍専用ブログにするには内容が薄くて
とりあえず日記風を装って混乱させてみたり。
ホント( ゚Д゚)ポカーンな内容がupされると思うけど見逃してちょんまげ♪(ォィ

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。