上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平の銀髪兄弟強すぎる。


◆銀◆
 自分的にこの中で一番コワイ男でした。
 あんな微笑みで「私はあなたを愛しています」
 とか言われたら… ((((;゜д゜)))ガクブル
 出会った当初はついつい知盛の面影を探してしまう…
 というか似すぎているので
 壇ノ浦入水後奥州まで流れ着いたら記憶喪失だったオチでも
 全然いいよ!!

 という気持ちで接していてゴメンナサイ。
 銀ルート中は知盛がどうでもよくなるくらい銀色でした。
 神子様を想えば想うほど呪縛してしまうこの矛盾がね! もうね!
 いろいろうまいなぁと思ったり。
 最初の運命で自分の心を凍らせることを選んだ銀の虚ろな声がリフレイン。
 「神子様…ご命令を……」
 できることなら呪いをかけられた洞窟あたりに戻りたかったけど
 そうすると平泉で会えないわけで、ヲトメ心は複雑なんだね☆(ウンコ) 
 最後にはだいぶ元気になって、ヒノエを黙らせるくらい回復しているようで
 よかったです。
 重衡に近づいてきた銀は、兄ちゃんに劣らないくせ者だと思います。

 
◆平知盛◆
 エロ大魔王。歩く18禁。
 ホントにおまえはアロマなのか。(違う人です)
 知盛のためにこのゲームをしたといってもいい。
 主人公と合わせ技を出す時の
 「来いよ…。」
 は鼻血吹きそうでした。 爆笑萌え殺す気か…!
 常に囁いてて聞き耳立てないとBGMに声が消されてしまうよ!!
 将臣放っといて知盛ばかり応援してた私はダメな神子ですか。
 平泉ルートは知盛と旅できるし銀にも会えて夢のようですvv
 ずっと熊野にいたかった。(笑) 
 剣を交えてお互いに忘れられない傷跡を刻み込むなんてエロすぎる。
 「あなたの血も肉も骨も魂も…すべて欲しい」
 知盛に合わせてエライことを口走り始める主人公。
 今までの遙かとは異なる世界が繰り広げられております。
 彼との一騎打ちで何度負けたことか…。
 主人公が木属性なのがつらかったかも。
 最後に知盛を負かしたのが、彼に教えられた束縛付与だったからマイッタ。
 身動きできなくしてこれからどうしてやろうかとか
 ホントヤバかったです。(自分の脳ミソが)
 

◆藤原泰衡◆ 
 記憶喪失の重衡を拾い、飼ってた犬の名前「金(くがね)」とセット連想で
 銀(しろがね)と命名した銀のご主人様。
 意外と可愛い人だな。
 彼とともに生きるEDは、知盛バットED同様壮絶で面白かったです。(笑)
 悪役ちっくでしたが、話の節々で彼なりに平泉を思ってるんだなぁ
 というシーンがあってなんだか憎めません。
 平泉ノーマルエンド見ました! 
 …泣イチャッタ。( ノД`)クスン
 だって…! あのまま幸せな結末で終わるんだと安心してたのに
 まだ春浅い日に、誰に知られることなく…うおおおぉぉぉぉ。
 神子、気づいて! 今ならまだ運命上書きすれば間に合うヨ!!
 というのは(画面外からなので)届かない叫びでした…。
 最近気づいたんだけど
 泰衡の服って銀の服とデザインいっしょの色違いだったんだね!
 きっと平泉の装束はみんなこれなんだろうけど、なんだかイイな(*´∀`*)


◆八葉十六夜ED◆
 実は全員の恋愛エンディングを終えた後
 1日も経たずに十六夜ルートを始めている自分がいました…。コワイ。
 お気に入りは九朗のエンドかな?
 モンゴル平原で銀を家来に自然とともに生きる九朗と主人公。
 パオを3人で作ったりするんだよ、たぶん!(笑)
 ドリームだなぁvv(そうか?)
 弁慶さんもせつな系で印象深いです。 
 十六夜EDは恋愛EDとは逆の世界でエンドを迎えるみたいですね。
 どちらかお好みの方をどうぞ、という趣向でしょうか。


◆大団円ED◆
 誰も死なずに済んで本当によかったねって思えるエンディングでした。
 (銀髪兄弟が神子のことを知らない運命だけど…泣)
 現代に行った八葉が帰れるかどうかは
 3作目「運命の迷宮」で解かれる仕組みになってます。(コーエー商法)
 ということで、ラビリンスへゴーゴー!
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。