上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィール:銀のかたびら・銀の首飾り・再生の護符
アルミラ・レオン:銀のかたびら・再生の護符

前話で使用した治癒の護符で気づいたことが…。
みんながつけるとよくなる場面があって

フィール瀕死→二人がかりで治癒→そこに敵密集→ボコられてまた瀕死
という臨死ループ。

来てくれるのはうれしいんだけど、おちおち倒れていられないよー!
これはフィール以外を操作キャラにした時に
そのキャラにだけ装備するのがいいと思いました…。orz
(フィールには治癒の護符効果がもともと備わってるのでノープロブレム。
 てかその前にこんなアホする人いないか…泣)


地のステージ・影

ガルム情報では、この奥に攫われた子供たちがいるということでれっつらごー。
長い旅だったけど、そこでドロシーが待ってるような気がするLOVE!(ハズレ)

 フィール「どけどけェ! ハアァァッ!!」
 しもべ「ウギギギギ~♪ ザクッ」
 フィール「えーっと、空振るんですけど。愛も。(流血)
 アルミラ「どうでもいいが私たちの話を聞けよヒールキック。」


しもべにいいようにもて遊ばれるフィール。
手応えがないのは幻影で、こっちの攻撃は当たらないのに受けるダメージは本物って理不尽だなおい!!
本体と幻影の見分けがさっぱりつかないので
適当に剣をブン回したり、仲間が本体をパスしてくれるのを待ってる間に
アルミラが「影があるのが本物だ!」と発見。
なるほど~! でももうちょい早めに言ってほしかった。
(自分は棚に上げといて)
それとオルドを壊すと幻影が消えるっていうのも教えてほしかったな。ウフフ。


VS土神

大きな広間を抜けると、檻の中に村の子供たちが捕われていましたが
その中にドロシーはいませんでした。
うん、まぁそうだよねいないよね。まだ14話だしね…。
その時なにかの気配に気づいて、さっき通った広間に戻ってみる三人。
す る と そ こ で

転がってた鉱石や岩を組み上げて
神様出来た!


工エエェェ(゜∀゜)ェェエエ工工
またすいぶんと大雑把なつくりだな!

もうあなた達のことがわかんない! 最初っからなんなのかわかんない!
というワケで神戦開始。

土神なんですが一言、めんどくせっ。(笑)
瓦礫の鎧をぶっ壊して核を丸裸にするまでが…。
そのあと核の緑玉に次々と追い討ちをかける様は、イジメ以外のなにものでもない風景だったという。
ポンポンフワラーみたいな手から出るウニを打ち返したら
簡単に土神の体をバラせるらしい(?)のですが
すぐ爆発しちゃって私ではできませんでした…。(´・ω・`)ションボリ

 エテリア獲得数 4160 D
 クリアタイム 36分40秒 D 
 瀕死回数 14回 C
 難易度 NORMAL A
 総合ランキング C

 

迷宮

助け出した子供たちの話を聞くと
ドロシーはなぜか別の場所に連れ去られたとのこと。
おやー? シスコンレッド対策で最適な人質として確保…かと思ったけど
それも違うらしい。(byアルミラ)
この異常な状況にテンパった一人の少女がとんでもないことを言い出した。

「ドロシーちゃんはフィール兄ちゃんの本当の妹じゃないのに!

凍りつく空気!!
フィール的に今一番デリケートな問題に歯に衣着せぬメスが!
村の少年「バカっ! 言っちゃダメだろっ!!」
ってアッハッハッハ子供って残酷ね。
これだからOZは面白いです。(笑)

村の少女
「フィール兄ちゃんの母ちゃんは
 フィール兄ちゃんを産んだあとすぐ死んじゃったって…」


さらに問題発言しまくる少女。
アレ…? 今の話が本当ならフィールは人間ということに。
じゃあ、ドロシーは…?
でもフィールのエテリア交感能力はなんなのか。
だったら母ちゃんが神々の子だったなんてことは…。(大ハズレ)
うーん、こんがらがってきましたどうしようってな時に
ガルムが登場。まだいたんだ!(ヒドイ)
彼の造形が怖いと怯える子供たちに

フィール「だ、大丈夫だよ。こんな格好だけど悪い人じゃないんだ


この人は天然なのかわざとなのか。
ガルムのご好意により、お子様たちを外へ送り出してもらったあと
トトを交えてさっきのお話の続きを。

アルミラ「お前は…カインによく似ているんだ…

ねぇさん言っちゃったー!!(゜∀゜)
プレイヤーも(レオンも?)黙認していたことをついに…!
カインの姿を神々の子が模したできそこないのカイン=フィール、という推理だったみたいです。
さすがねぇさんいろいろ考えてたんだなぁ。
(なにも考えてなかった人がここに)
しかしこの二人はまた別の方向性から似ている理由があるのですが。
※ここいらのネタバレをかなり早い段階で見てしまった自分が憎い。

フィール自身のことだけじゃなく、違う覚悟もしなければならない黒い疑惑に
真相は迷宮になっていくのでした。



文章長っ! すんません…今度は短めで…いけたらいいなぁ。(希望)
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。