上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋愛エンディングが主な感想になってます。
八葉の十六夜EDは…またやりたくなったら…。(笑)


以下、ネタバレキャラ感想↓
◆有川将臣◆
 ワイハな南国EDに爆笑。 
 幼馴染みのうえ、頼れるお兄さんときたもんだ!!
 このひとときの逢瀬のあとは、敵同士に戻らなければならないという
 ロミジュリ的な展開は乙女の王道!
 違う道であっても二人が目指すものは同じという絆に胸キュン☆
 なんとか平家を生き延びさせようという彼の行動で
 平家がただ倒せばいいという敵ではなくなりました。 
 最後はハッピーエンドでめでたしめでたしvv
 ところで「ラッキー」とか「サンキュ♪」とか将臣がよく使う現代語を
 知盛が覚えて言うんですよ。
 笑ってコントローラーの操作誤っちゃったよ!

◆源九郎義経◆
 確かに京には居場所がなかったとはいえ
 義経が現代に来ちゃってよいものか。(笑)
 なんだかフツウに馴染んでます。(髪以外)
 ♪出会った頃は衝突が耐えなかった私たちだけれど~
  いつしかアナタに淡いコイゴコロを抱くようになっていったの~♪

 ギイィィィィィィッ!!!(笑)
 九郎を助けるため、主人公が舞の時「逃げて!」という意味の和歌?を
 諳んじるのは名シーンかと。
 彼を攻略してた時、NHKの義経でちょうど腰越状をやっていて
 頼朝を想う義経の気持ちの通じなさに拍車がかかって笑い泣き。 
 「あにうえぇぇぇ…っ!!!」と声をかすれさせて涙する姿にLOVE。

◆武蔵坊弁慶◆
 お前が元凶の一端でもあったのか結果的にはーーっ!!?(゜∀゜)
 とツッコむには辛すぎるほど罰を甘んじて受けている人。
 清盛と魂ごと消えていった時は泣きました…。
 運命を書き換えるから待っててねと、切実に願ったキャラの一人です。
 しかし神子を人質に裏切ろうとした時の弁慶さんの顔はホントに悪役ちっくで
 えっ、マジ?とだまされそうでした。
 さすが軍師殿!!
 赤くなった顔かわいすぎ。

◆梶原景時◆
 すがるダメ男萌え。
 任務と現実の板ばさみに押し潰されて逃避行を迫った景時に
 ズキュ━━━(●´Д`●)━━━ン!!!
 覚悟を決めて頼朝と対等に渡り合う景時にドキドキハラハラ。
 交渉が成功した時には
 「がんばった景時! イイ男だぞ!!」と叫んでました。(笑)
 彼と暮らす未来はなんだか癒されそうだなぁと感じたのは
 きっと私もダメ人間だからだね。(痛)
 最初から後ろ暗いことがあるのかなとは思ってましたが
 壇ノ浦のアレはけっこうショックでした。
 仕方がなかったんだけどね…。(´・ω・`)


つづく。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。